女性の理想的な体脂肪率

女性の理想的な体脂肪率

男性と女性では理想の体脂肪率は違います。

女性は妊娠をするという男性と決定的に違う役目があり、妊娠出産するために体脂肪は欠かせないからです。

では、女性の理想的な体脂肪率は何%なのでしょうか?

今回は女性の理想的な体脂肪率を詳しく紹介します。

女性の理想的な体脂肪率

体脂肪率を知るためには、自分にどれくらい体脂肪があるかを調べる必要がありますが、栄養学専門誌「British Journal of Nutrition」では以下のような式で体脂肪率を予測することができると掲載されています。

体脂肪率=(1.20×BMI)+(0.23×年齢)-5.4

例えば以下の条件の女性の場合の体脂肪率を計算してみました。

  • 年齢‥38歳
  • 身長‥160センチ
  • 体重‥55kg
  • BMI‥21.4

(1.2×21.4)+(0.23×38)-5.4=29.02

つまり29%となり、いわゆる「ぽっちゃり体型」という結果になりました。

体脂肪計を持っていなくても、上記の計算式に当てはめれば大体の目安が出ますが、あくまで目安なのでやはり体脂肪計も併用したいところですね。

女性の体脂肪率の標準値は20~35%と言われています。

これはなんだか幅がありすぎますよね。

理想的な痩せ型とされる体脂肪率は20~25%です。
体脂肪率を20%切ってしまうと、筋肉量にもよりますが皮と骨だけの不健康なイメージになりかねませんので減らしすぎもよくありません。

逆に体脂肪率が35%以上になると肥満体型になりますので、「20~25%」を目標にしましょう!

まとめ

体脂肪率だけで見た目が大きく異なりますが、体脂肪率が少なければいいのではなく、適正な体脂肪率を目指す事でメリハリのある美しい体を得ることができます。
目標設定を正しく持って、キレイな体作りをしましょう!