体脂肪とは?体脂肪が増える原因も紹介

体脂肪とは?体脂肪が増える原因も紹介

年齢とともに増える脂肪‥

とくにお腹周りだけがぽっこりしてきたっていう人も多いと思います。

お腹周りの脂肪って、ダイエットで体重が減ったとしてもなかなか落ちないものです(ノД`)シクシク

この「落ちない脂肪」

これがいわゆる贅肉=体脂肪です。

この記事ではにっくき体脂肪をやっつけるために、天敵である体脂肪について詳しく紹介していきたいと思います。

体脂肪とは

体脂肪とは、体に貯えられた脂肪のことで、「体全体にある全ての脂肪」のことを指します。
脂肪は主に脂肪細胞に貯えられていきます。

体脂肪は中性脂肪からできており、体脂肪が増えると全体の脂肪量が増えるため肥満になります。

体脂肪の働き

体脂肪は「体全体にある全ての脂肪」ですから、「体脂肪=悪」かというとそうではありません。
脂肪細胞は、体の機能を正常に保つために必要なホルモンなどの物質を作り出しています。

男性より女性の方が体脂肪を貯えやすいのは、体脂肪が正常月経の維持や妊娠・出産などに不可欠だからです。
また、エネルギー源を貯蔵して体温を保つ働きや、外部からの衝撃から内蔵を守る役目もあります。

体脂肪の種類

体脂肪は、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2つに分けられます。

皮下脂肪は皮膚組織にある脂肪で、少しずつ蓄積される特徴があります。
皮下脂肪はお腹(特に下腹部)やお尻、太ももなどにつくことが多く、一度付いてしまった皮下脂肪は落ちにくいという特徴があります。

頑張って食事制限しても運動してもなかなか落ちない下腹の贅肉のことですね(;´Д`)

内臓脂肪は筋肉の内側の壁である「腹腔内」についている脂肪のことで、主に小腸を包んでいる腸間膜という場所につきやすいです。
皮下脂肪と違い、「短期間で蓄積されやすいものの落ちやすい」という特徴があります。

男性に多い内臓脂肪型肥満は「リンゴ型肥満」と呼ばれ、高血糖・脂質異常・高血圧などの生活習慣病発生リスクが高くなると言われています。

女性に多く見られる皮下脂肪型の肥満は「洋ナシ型肥満」と呼ばれ、睡眠時無呼吸症候群や関節痛・月経異常などを発症させやすくなります。

体脂肪が増える原因

人間は飢餓になった時に耐えられるように食事から摂取して使い切らなかったエネルギーを貯えておくという機能を持っています。

動物でいうと、冬眠で長時間食事を摂らなくても死なない‥という理屈と同じですね。

肝臓や筋肉にも余剰エネルギーを貯えることができますが、その量は限りがあるため余ったエネルギーは脂肪に変換されます。

皮下脂肪がつく原因

では、女性につきやすい皮下脂肪がつく原因はなんでしょうか?

皮下脂肪がつく原因は「カロリーの過剰摂取」と「運動不足」です。

日常的に「摂取カロリー>消費カロリー」の状態でいると脂肪が蓄積されます。
また、生活習慣とも深くかかわっており、特に運動不足は脂肪の蓄積を助長します。

内臓脂肪がつく原因

男性につきやすい内臓脂肪がつく原因は、食生活が大きく影響します。
皮下脂肪と同じく運動不足も一因ですが、ストレスや喫煙も内臓脂肪の蓄積を促します。

体脂肪が増えやすい人の特徴

体脂肪が増えやすい傾向にあるのは以下のような人です。

  1. 運動習慣がない
  2. アルコール摂取量が多い
  3. 食生活が乱れている
  4. ストレスを常に感じている
  5. 喫煙をしている
  6. 若い頃から食べる量が変わらない

まとめ

体脂肪率を減らすためにまずは体脂肪率が高くなる原因である体脂肪について詳しく紹介しました。
ここで分かったのは、男性と女性では脂肪の種類が違うこと、体脂肪が増える原因は主に生活習慣の乱れと運動不足であるということですね。
これを踏まえて体脂肪率を効率よく減らすことを考えていきたいと思います。